2013年05月15日

バストの成長過程(11歳〜15歳)

●思春期(11歳〜15歳)

思春期を迎えると、卵胞刺激ホルモンの働きにより、
女性は卵巣が成熟します。
その結果、卵胞ホルモンの分泌が盛んになり、バストが発達します。
胸が少し成長し始め、当たると痛い時期です。
バストの成長過程では 一番大切な時期です。

この時期にホルモンの分泌が悪かったり
ホルモンの主成分であるコレステロールの摂取が足りないと、
バストの発育が遅れるなどの影響が出るケースがあります。

無理なダイエットやストレス、寝不足はバストアップの妨げになります。
この時期の生活環境がバストの大きさに影響します。 


皆が羨ましいと思う、大きくハリのあるバストを
手に入れたい女子は 夜10時までには寝ましょう!


バストアップのためには、十分な睡眠をとり ストレスをためない
夜更かしもしないことです。
夜は しっかり寝て 勉強は早起きして朝しましょう♪

それが出来ない女子は戸瀬恭子のバストアップなら
効果的なバストアップ法を伝授してくれますよ!


※乳頭周辺がふくらみはじめる時期は、初経の
 1年以上前であることが ワコールの調査で明らかになりました。
 バストの成長変化は、年齢ではなく"初経の開始時期"と深く関わり、
 初経前後の約4年間に大きく変化するそうです






posted by きらり at 16:21| Comment(0) | 戸瀬恭子豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

バストの成長過程(0歳から10歳)

●バストの成長過程(0歳から10歳)

赤ちゃんの段階では、乳房だけを見ても、
男の子か女の子か区別はつきません。
それは、女性ホルモンの作用によってバストは発育するからです。

生まれてから8歳くらいまでは、乳腺の発育に変化は見られません。
これを、乳腺の初期休止相といいます。
この時期でも卵胞ホルモンは分泌されていますが、
ごく微量であるため、バストには見られないことが多いです


8〜10歳になると、性腺刺激ホルモンの影響により、
卵胞ホルモンが多く分泌されるようになります。
これにより、乳腺組織が発育をはじめ、乳管が枝分かれしていきます。
女性の身体に変わる準備に段階にはいります。

 
この時期から 早く寝るよに習慣づけが大切ですね!
食生活も好き嫌いなく食べれるようにしときましょう♪









posted by きらり at 12:21| Comment(0) | 戸瀬恭子豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

都道府県別の平均バストサイズ

47都道府県の女性にバストについてアンケートを実施し、
各都道府県の平均バストサイズを調査結果です♪

Aカップ埼玉県

Bカップ北海道、青森、岩手、秋田、山形、栃木、群馬、長野、千葉、神奈川、静岡
兵庫、山口、高知、佐賀、長崎、大分、熊本

Cカップ茨城、東京、富山、石川、愛知、滋賀、三重、和歌山、鳥取、島根、香川、
徳島、愛媛、福岡、宮崎、鹿児島、沖縄、

Dカップ
宮城、福島、新潟、山梨、福井、奈良、大阪、岡山、広島

Eカップ
岐阜、京都

47都道府県の中で一番多いのが 
Bカップで18県、続いてCカップが17県、
BとCで両方合わせて75%弱も占めていることから、
日本人の平均は、B〜Cカップが多いということでしょうか。

意外な結果に ちょっとびっくり・・・
だから バストの大きな人が目立ので
魅力的に見え、憧れの的になるんですね!

すべての女性が戸瀬恭子バストアップ法をしていたら
日本のバストサイズも底上げ出来るかも知れませんね!

 

※2012年6月LC ラブコスメの調査でお客様アンケート結果ですので
該当する県すべての方にお伺いした結果ではございません。
あらかじめご了承くださいませ









posted by きらり at 14:03| Comment(0) | 戸瀬恭子豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。