2013年05月23日

エストロゲンは乳腺葉と乳管の発達を促す

エストロゲン(卵胞ホルモン)は、乳腺組織である乳腺葉と、
乳管の発達を促すことでバストアップの効果につながります。

バストアップにとって正常なエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌は
欠かせない必要不可欠なものです。
適正なホルモンバランスを保つように心がけなければなりません。



<植物性エストロゲン>

植物性エストロゲンとは
植物の中には、エストロゲン(卵胞ホルモン)と似た,
生理作用を有する植物性卵胞ホルモン様物質を含む植物があります。

植物性エストロゲンは、
植物に含まれる前駆物質から腸内細菌の働きによって作られ、
エストロゲン(卵胞ホルモン)に近い働きをします。



<植物性エストロゲンを含む植物>

植物性エストロゲンを含む植物には、
大豆、山芋、パセリ、セロリ、フェンネル、クズ、ガウクルアなどがあります。
よく知られた植物性エストロゲンのひとつがイソフラボンです。
イソフラボンはマメ科の植物に含まれています。


乳管の発達を促すことで
バストアップの効果につながります。
女性ホルモンの分泌を良くすると乳腺は発達していきます。

戸瀬恭子のバストマッサージ、バストドレナージュ

女性ホルモンや乳腺の分泌を良くし、発達させていきます。












posted by きらり at 08:27| Comment(0) | 女性ホルモンとバストアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。