2013年05月13日

エストロゲン(卵胞ホルモン)

エストロゲン(卵胞ホルモン)とは
卵胞ホルモンともいわれる女性ホルモンの一種です。


卵巣から分泌されます。エストロゲンは、
排卵の準備をするホルモンで、
生理の終わりごろから排卵前にかけて分泌量が増えます。


エストロゲン(卵胞ホルモン)は、
コラーゲンを作る繊維芽細胞を活性化する作用があります。


しっとりとしたツヤとハリのある肌
ハリのあるバストはこのエストロゲンによって
左右されていると言われます。


そのほかにもエストロゲン(卵巣ホルモン)は、
美白、ツヤのある髪、骨密度を高める
動脈硬化を防ぐ、記憶力を保持する。

子宮、卵巣、乳房、膣の働きを正常化させる、
女性の健康を助けているだけでなく、精神を安定させるなど
心の面からも女性には必要不可欠なホルモンといえます。

戸瀬恭子のバストアップ法は 
バストでお悩みの女性が 理想のバストを
手に入れらるようにお手伝いをしています。









posted by きらり at 12:41| Comment(0) | 女性ホルモンとバストアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。